みのわの夜噺(よばなし)はじまります

夜、出かけて飲食を楽しむ場を充実することは、町での暮らしの質を上げ、地域の中での消費と経済を回すことにつながります。

そこに食材として地元のものを使うことで、消費者・飲食店・生産者にとって良い循環が生まれるとともに、対外的な町の魅力発信にもつながります。

そんな関係づくりを目指して、地元の食材を活かしたメニュー開発と、それに合わせて楽しむ場づくりの提案をはじめます。

名付けて、「みのわの夜噺(よばなし)」です。

6月24日(日)第1回夜噺が終了しました!次回開催をお楽しみに!

第1回夜噺が6月24日(日)に開催され、町内外から35人の皆様のご来場のもと、終了しました。

地域おこし協力隊の三浦隊員による「トウモロコシとおもてなし牛乳を使った飲み物」と、今回のイベントで飲み物を提供するヒントになった千葉県西船橋で生産者と地元飲食店化が開発した「小松菜ハイボール」をお楽しみいただきました。

トークライブでは、この秋映画化される小説「きらきら眼鏡」の中で小松菜ハイボールを取り上げている森沢明夫さんが登場し、ハイボールとの出会いや、地域にあるものをちゃんと見ること、それをPRすること、映画化が西船橋の地域おこしにつながったことなど、地域での取り組みの大切さをお話しいただきました。後半はSotte bosse Canaさんによるライブが行われ、古民家に響く歌声とピアノを楽しむ一夜となりました。

第1回夜噺について(終了しました)


開催内容

「町の素材を活かした新しい飲み物」と、トーク&ライブで箕輪を楽しむ一夜。
古民家「箕澤屋」を会場に、グラスを傾けながら、作家:森沢明夫氏によるトークライブと、ミュージシャンsotte bosse(ソットボッセ)のCanaさんによるミニライブをお楽しみ下さい。

忘れられない夜を、あなたと。



開催日時(終了しました)

日時:6月24日(日)17時開場

   19時30分終了
会場:箕輪町 沢 古民家「箕澤屋」

料金:2,000円(試飲2ドリンク付き)
  ※アルコールの提供となりますので、

   お車での参加にご配慮下さい。
   ノンアルコールの提供もございます


お飲み物は、森沢さんの小説 きらきら眼鏡にも登場する、小松菜ハイボールと、箕輪ならではの、トウモロコシと牛乳のカクテルを一杯づつ。※ 入場の際、チケットをお渡ししますので、お飲み物とお引き換えください。
どちらも ノンアルコールでのご提供も可能です。

Food menu

写真の おつまみセットを 500円にて ご提供させて頂きます。

アスパラガスの海苔玉チーズ焼き
伽羅蕗を練りこんだクリームチーズ
にこりこピクルス
ハルハナ堂 の ノアレザン

写真は、ボリュームが分かりやすいよう、皿盛りにしました。
当日は プラカップでのご提供です。

その他、Grapple Takada の りんごチップス も、特別価格でご提供。

お申込み

定員:60人

ご予約は終了しました。

ストーリー

地元の飲食店と生産者が協力して、特産品を作る。

そんな事例の一つとして、千葉県の西船橋の「小松菜ハイボール」があります。

 

地元の小松菜生産組合と飲食店が協力し、商品開発を行ったものですが、その過程が、今年秋に公開される映画「きらきら眼鏡」(原作:森沢明夫 主演:池脇千鶴・金井浩人)中で描写され、実際に提供する飲食店での撮影も行われました。

 

映画『きらきら眼鏡』公式HP

https://kirakiramegane.com/movie/

 

著者の森沢氏は、他にも農畜産物での地域おこしを題材にした作品を書いており、今回の夜噺では、こういった取り組みについてのお話を中心に、映画の話を含めてトークライブを行って頂きます。

 

当日は、小説中に出てくる「小松菜ハイボール」と、箕輪町の素材を生かした新しい飲み物の2種類の飲み物をお楽しみいただきます。また、同じく小説中に登場するミュージシャンsotte bosse(ソットボッセ)のCanaさんによるミニライブも実施。

わくわくする一夜をお過ごしください!

出演者

森沢明夫(もりさわ あきお)

小説家。1969年、千葉県生まれ。早大卒。日韓でベストセラーとなった「虹の岬の喫茶店」は、吉永小百合主演映画「ふしぎな岬の物語」として公開。ヒット小説「あなたへ」「津軽百年食堂」「ライアの祈り」「癒し屋キリコの約束」なども映画やテレビドラマとなり話題に。2016年は「夏美のホタル」が有村架純主演で映画化しベストセラーになった。さらに「きらきら眼鏡」の映画化も決定し、2018年9月に公開予定。近著に「失恋バスは謎だらけ」「たまちゃんのおつかい便」「エミリの小さな包丁」などがある。

カナ ソットボッセ
Cana sotte bosse(ヴォーカリスト)

心のヒダにやさしく触れるような無垢な歌声で、聴く者を瞬時に惹きつける。
詩の世界に深く入り込み、語りかけるように歌うボーカルスタイルで、リスナーの心の奥深くにメッセージを届ける唯一無二の声を持つ。
Sotte Bosse、i-depのボーカルとして
国内外の数々の大型フェスに出演。

ソロ活動の他、CMソングやナレーション等多方面から稀有な声に注目を集めている。
http://cana-official.com

会場

箕澤屋(みさわや)

箕輪町にある築150年の古民家、箕澤屋が会場です。

元々、江戸時代の豪農の屋敷であった箕澤屋(旧小原家)は、江戸時代末期、1861年(文久元年)に再建されました。建物の中は、土間や囲炉裏といった当時の生活様式そのまま。敷地内には、5棟の蔵や、水車小屋、明治時代に行っていたビール醸造所の跡も残っています。

 

アクセス

住 所 箕輪町大字中箕輪542-1

    JR飯田線 沢駅より徒歩10分

駐車場 付近に2か所あり、当日誘導します

(※正面入り口に乗り入れはできません)

 

アクセスマップ・駅からのルートの詳細はこちら

古民家箕澤屋ホームぺージ

JR飯田線時刻表

〇行き

方面 辰野方面より 伊那方面より

沢駅

到着時刻

 16:31着  16:58着
 17:06着  17:36着

〇帰り

方面 辰野方面へ 伊那方面へ

沢駅

出発時刻

18:53岡谷行 19:07駒ケ根行
19:34岡谷行 19:40天竜峡行

広報・リリース

6月4日 飲食店・生産者向け試飲会が開催されました!

夜噺開催に向けて、当日提供する「トウモロコシとおもてなし牛乳」を使用した「新しい飲み物」の試飲会が開催されました。

町内飲食店の方々、商工会商業部の皆さん、とうろこし農家、農協の畜産担当、町の栄養士など11人が参加し、三浦隊員による試作を味わいました。

参加者からは、トウモロコシの甘さと牛乳の相性がいいことや、作り方の簡単さ、フレッシュなトウモロコシのある産地ならではの利点や、さらに料理に応用するアイディア、より生食に適したトウモロコシの種類など、それぞれの立場からの意見が交換されました。

5月24日付 みのわ新聞に掲載されました!

プレスリリースを行いました!

発表資料はこちらから